ドイツの森の散歩道 2020〜

ドイツ生活はや10年以上。これまでのブログはexcite blog「ドイツの森の散歩道」

代用品と裏技駆使、ドイツで手作りお節。

 

なんちゃってお節 in Germany 2021年覚書。


ドイツ、日本、ロシア、韓国スーパーで調達の代用品でそれらしく整えました!

 

胡麻豆腐=練りゴマはないので砂糖控えめのピーナツバターと摺ゴマを煮立てて代用(家族に一番好評)

きんとん(初挑戦)=クチナシの代わりにさつまいもをオレンジジュースで煮て着色可能とネット情報発見。強引にみかんを搾り入れた…今回限りかな😂 

栗の甘露煮=トルコの栗スナックをこれまた強引に混ぜた…強引すぎた、アハハ。

 

f:id:germany-midori:20210103163656j:plain

f:id:germany-midori:20210103163753j:plain



伊達巻=はんぺんをロシアスーパで買ったカニカマで代用。うっすらカニカマのオレンジ色の粒々が残ってます(大きさ違いは…巻いてから、やばっ、ちっさい!と気付いて二個目は厚めに焼いた)

黒豆=キドニービーン

お雑煮=大事な茅野や出汁パック。切り餅は日本スーパーで11月終わりに確保(12月だと売り切れる可能性)。

エビのガーリックカレー炒め=甘辛煮にしたかったけど、うちの外人達には甘い味付けが多いので変えてみた。
お煮しめ=干し椎茸は中国産で妥協。レンコンやこんにゃく は諦めた。
鳥の松風焼=ケシの実がなくて家にあったアマニ種をパラパラ。
紅白なます=ドイツスーパーで大根ゲット。
イクラもどき=鱒のキャビア使用

 

f:id:germany-midori:20210103163853j:plain

 


田作り=韓国スーパーの小魚の佃煮
焼き豚=ドイツ料理、豚の塩漬けスライスをパック購入
スモークサーモン&ブルサンガーリックハーブチーズ。

 

…精魂尽き果てました 笑

 

お節は2004年から作り始めました。年末年始に日本にいない年だけですが。

わたしは子供時代に祖父母と同居だったので、祖母があれこれ支度したり、母の間東風お雑煮はうっすら記憶にありますが、まさか自分で作るとはつゆ程も思わず生きてきました 笑

 

最初は栗原はるみさんのレシピで何品か作り、海外在住者向けのお節レシピを足して少しずつバージョンアップしてきたつもり。

 

子供に日本のお正月を経験してほしい一心です。

いつか、おかーさんは一生懸命工夫して作ってくれたんだな、と振り返ってくれたら嬉しいな。

2020年買ってよかった物 ベストはkindle paperwhite!

お題「#買って良かった2020

 

10日ほど前、Kindle paperwhiteを購入しました。

いやー、満足、満足。おかげでお風呂の読書時間が大充実。

 

 

実はこれ、1年以上前から買うかどうか優柔不断に迷っていたのです。

アラフィフなんで、電子書籍ってイマイチ読んだ気がしないし、日本AmazonKindleが何かブロックがかかってダウンロードできなかったらどうしよ、なんてアナログな心配もあったりで。

Black Fridayでもタイミングを逃していたのが、ふとサイトを見たらBlackFriday価格より安くなっていたので思い切ってポチ!! (貼り付けた画面はまた割引前の価格に戻っています)

 

…ドキドキしながら設定したら、日本のAmazonで購入したkindle本にサクッと繋がったし、軽い小説やエッセイなど読むなら充分楽しめる。防水な上に軽いので腕に負担もなく、湯船に浸かってゆったり読んでます。

 

 

f:id:germany-midori:20201228181840j:plain

 

 


そもそも、高いお金出して日本Amazonから紙の本を購入したのも、お風呂の中で読む本がとうとう尽きてしまったからだったんですよ。照明暗めのバスルームで湯船に浸かりながら重い本や字が小さい本は無理なので…

 

また、ipadで読んでいると、読書中にふと気になったワードや人を検索し、そこからずるずると別のページに飛んでいってしまい、ハテ?わたし何をしていたんだろうか…?ということもありがちですが(笑)、paperwhiteだと読書に集中できます。

 

デメリット

◯白黒オンリーなので、雑誌やスタイルブック的に写真が多いエッセイだと見づらいし、フォントの拡大設定ができなかったり、写真や文字色が薄くなってしまう。

◯本当に使いこなすか未知だったので、20ユーロケチって「広告表示あり」の方を購入してしまった。無しの方にしておけばよかったかな。

 

とはいえ、軽くてA5くらいの大きさなので通勤にも負担にならず持ち歩ける。電車通勤が再開したら、車内時間も読書で充実しそうです♪

持ち帰り食べ物の袋内側を素手で触る店員にがっかり。わたしの解決方法は⁉︎

近所のショッピングモールには、直のメインストリートにクリスマスマーケットっぽいお菓子や小物を売る屋台が出ます。

 

ロックダウン前日、明日からはもうこんな屋台もないし、最後のチャンスかなとローストアーモンドの屋台に引き寄せられました。

 

実はドイツの食べ物屋さんの衛生観念はいつもかなり不安。ハムやパンケーキ等の小銭をやり取りした手で直に掴むことも珍しくありません。

 

でも、ローストアーモンドならスコップですくって紙の小袋に入れるから大丈夫だろうと。

 

「一袋ください、バニラとカフェラテとアマレット風味を混ぜて」とお願いしたら「オッケー!」と紙袋を手にとったおじさんが…

紙袋に素手を突っ込み広げるではありませんか。

いえ、素手より悪いことに、、使用感アリアリのゴム手袋…

 

あああああー! (心の声)

 

 

f:id:germany-midori:20201227165044j:plain

 

 


 

礼儀正しき日本人のワタクシ、「あなたが紙袋の内側をその汚いゴム手袋で触ったからやっぱり買いません」とは言えず…

 

心の中で大きくため息をつきながら大人しく受け取りました。

 

気を取り直して、お茶請けのスイーツが美味しいカフェへ。

こちらはケーキ類をいつもトングでお皿に乗せてくれるので安心だろうと。

「レモンタルトとベルギーワッフルを持ち帰りで」とお願いすると…

 

ニコッと笑顔の可愛いお姉さん、やはり素手を平たい紙袋に突っ込みがさがさっと広げ、トングで取ったケーキ類を入れました…

 

注:ドイツは余程の高級店でないとケーキ類を「箱」に入れてくれません。ましてここはカジュアルカフェで、クリームでデコレーションされたケーキではないので、長方形の紙皿に乗せたタルト類を平たい紙袋に入れます。で、ケーキの表面は紙袋にぺったりついてしまうわけです。

 

あああっ、オマエもか…

トングで紙袋広げればいいじゃないのよ…

 

またもや心で泣きながらケーキを受け取った私。

 ああ、これは廃棄処分か…

 

しかし帰り道、これを安全に食べられるようにするアイデアを思いつきました💡

 

アーモンドはアルミフォイルに広げてオーブンで2度焼き、タルトとワッフルは冷凍庫へ!!
おお、私、天才⁉︎

冷凍庫に入れる、というのは、以前、プロのアンティーク テディベア修復業の人がテディベアを冷凍庫に入れて滅菌する、とテレビで見て驚いたのを思い出したから。

 

コロナウイルスが正確には何度で死滅するのかネットを見ても諸説あり、結局よくわからないのですが、さすがに180度のローストや数日の冷凍を経れば大丈夫では。

 

しかし、コロナでこれだけ手の消毒や現金受け渡しの不衛生さが言われるようになって何ヶ月も経っても、衛生観念はこの程度だものねえ…

しかもヨーロッパの中では「清潔」を自他共に誇っているドイツでこうですよ。

 

ほんと、日本人的にはいまだに気になることが多すぎるわ。

 

 

 

 

祝:日本行き航空券ほぼ全額返金

昨日、インターネット航空券販売Flugladen.comからメールで返金のお知らせがあり、無事に口座にも振り込まれました!

しかも、最初のコンタクトでは、確か手数料など180ユーロ引かれると書かれており、その心積りでいたのですが、約13ユーロのみ引かれていました。

よくわからないけど、嬉しいからいいわ…笑

 

キャンセル申請、フライト前に連絡がつかずヤキモキしたのはこの記事。

 

www.germany-midori-cn.com

 

 

一方で、自主隔離含めて長く帰国したなんて人の記事もチラホラ見かけるようになり、キャンセルは早まったかな、延期、変更にしておけばよかったかしら…とグズグズ考えてました。

 

他の方のブログ情報から、返金に半年ほどかかると予想していたので2ヶ月半でほぼ全額返金というのもありがたいサプライズ。

 

でも今後は…

連絡つきやすい航空会社のサイトから予約、購入にするつもり。数千円の違いでヤキモキするのは懲り懲りだわ。

苦行でしかなかった義実家クリスマス、振り返ってみれば…

 

ヨーロッパに来て、義実家で過ごすクリスマスは、最初こそ物珍しさがあったものの、2〜3年経つと正直、内心は辟易していた面もあります。

重たい料理のオンパレード、外国語の中にずっと身を置き続ける居心地悪さ、欲しくもないプレゼントを事前にリクエストして喜んで受け取らなきゃいけない白々しさ(欲しいものは自分でセールで買いたいよ)、孫(わたしの息子)に、これでもかという甘いお菓子にプレゼントの山…

 

けれど、舅は亡くなり、姑は2年前から体調を崩し、今年はこの状況でのクリスマス。

いろいろストレスを感じながらも、普通に家族が集まるクリスマスをたくさん経験して来てありがたかったな、と振り返っています。

 

以前のブログからクリスマス関係の記事をご紹介。

クリスマスディナーは、この義実家のメニューを一部真似っこするつもり。

義理実家滞在中、肉だらけが苦行でしかなかったけど、記事にしておいて良かった(笑)

 

midorixde.exblog.jp

 

midorixde.exblog.jp

 

 

 

midorixde.exblog.jp

midorixde.exblog.jp

 

midorixde.exblog.jp

 

midorixde.exblog.jp

 

 

右手に幼児、左手にノコギリ…森の中のワイルドなツリーマーケット

薄暗ーく霞む、郊外の森の中。

 

右手に幼児、左手にノコギリのドイツママさん。

道路から5分ほど入っていくぬかるんだ道を行くカップルや家族連れのほとんどの手には、このように糸鋸が握られています。

 

f:id:germany-midori:20201213164744j:plain

 

 

目指すのは…

森の中のツリー屋さん!!

クリスマスツリーの養殖ならぬ養林場があり、気に入った枝振りや高さのものをセルフで伐採し購入するのです。ひえー、さすがワイルド(野蛮)なドイツ!!いや、余計な人件費を抑えるドイツの生産性??

 

f:id:germany-midori:20201213164837j:plain

 

 

あらかじめ切って横に置いてあるものもあり、切花ならぬ切りツリーは大きさにかかわらず一律20ユーロ。自分で切る方は、大きさによりますが、人気がある2m弱のもので大体40ユーロということでした。切ってあるものの方が安いのは、おそらく間引いたり、切ったけど別のものに目移りして置き去りにする良からぬ輩がいるからでしょう。

 

イチゴやお花畑でセルフで摘むPick your own はポピュラーですが、Cut your own treeとは!!!

 

 

f:id:germany-midori:20201213165134j:plain

 

 

実は我が家はここ数年はプラスチックのツリー。この時期は大抵日本か夫実家で過ごすため、生木を買うのは控えていたのです。

が、今年は自宅クリスマス。せっかくだから生木を買いましょう、と思い立って来たものの…
ノコギリ持参と知らなかったウチ(血中ドイツ低濃度)、切りツリーを購入。

 

しかし、この薄暗い中、裸のノコギリを手に持ち、マスクして黙々とツリーを目指すドイツ人、怖すぎて笑えた…

 

日本なら、せめてノコギリを布に包むとかしそうなものだけど、多くの家族はママは片手に幼児、片手に剥き出しのノコギリ、お父さんは肩にツリーを担ぐ、というこの構図。

 

f:id:germany-midori:20201213165013j:plain

 


子供が転んだり走り出したりしたら、裸のノコギリ持った手で子供を抱っこしたり捕まえたりするわけ…?

 

そしてこのご時世ですから、鬱屈してトチ狂った人が、のこぎり振り回して暴れ出す…なんてこともなくはないのでは? とうっすら不安もよぎりました。

(みんなノコギリ持ってるから応戦できそうですが 笑)

 

ドイツ生活10年以上。また初めての面白いことを経験しました。

 

 

義母から譲り受けたヴィンテージクリスマスツリー

義母から譲り受けた、木製のクリスマスツリー。

 

 

f:id:germany-midori:20201208160112j:plain

 

フィギュア一つ一つのデザイン、表情、見れば見るほど愛らしく夢がある。

カラフルなのに煩くなく、優しい雰囲気がツリーから広がります。

 

f:id:germany-midori:20201208160213j:plain

 

 

こんな風に平たい箱にしまえます。中心部から、それぞれの枝にあたる板を少しずつ回しずらしてツリーになります。

 


f:id:germany-midori:20201208160041j:plain

 

コンパクトなようでいて意外に場所を取る上、人が横を通った少しの振動でフィギュアが落ちてしまうので、実は昨年は出さずじまい。

今年久しぶりに箱を開くと、素朴な愛らしさ、温かみにあらためて魅了されました。

 

相当なヴィンテージかと思いきや、箱裏に1976年、と。

ということは、アラフィフの私も相当なヴィンテージ、、、と、ほっこり気分が一気に現実に引き戻されました笑